QUASAR について

QUASARは第二次大戦のころにすでにアメリカで実用化されていたレーダーを宇宙に向けて宇宙からの信号をとらえようとした試みから発見されたものです。
40億光年以上ものかなたで強力なラジオ波を出している巨大な天体で、そこからの光は赤側に変位しています。
この事実をドプラー効果から考えると、高速に地球から離れてゆくことがわかります。
つまりこの天体は宇宙の最先端にあり、強力なエネルギーを持ち、拡大する宇宙とともに進み常に最先端に位置しているのです。
そんなイメージにあやかって会社の名前としました。
Quasar Technology はこれまでも、これからも常に新しい技術革新に挑む姿勢を維持し続けます。

ダイレクトコネクション

クエイザーテクノロジーはこれまでいろいろなイノベイティブな製品を世に出してきました。
一個のコネクターに2枚のモジュールを挿入できるDual DIMM ソケット、FPCを挿入するとカバーが自然に開くFPCコネクター、脱落の問題をクリアーした0.5mmピッチカードエッジコネクターなど、そして現在取り組んでいるものはダイレクトコネクションです。
これまでの接続はインターコネクションと言われていますがこれは中継する媒体があっての接続です。
つまり成形したプラスティックにメッキをした端子を打ち込んで、この端子を経由して電気を流す方法です。ダイレクトコネクションではこのようなものが必要ありません。
しかし永久接続ではなく着脱は自由です。

NGFF

New Generation Form Factorと総称されるこのコネクターグループは薄型のPCの内部配線を意図して規格化されたものです。
これまでの内部配線に比べ約20%実装密度が高くなっています。PC内部配線の標準インターフェイスです。

検査装置

コネクターの製造過程でいろいろな検査が必要になります。当社ではこれらの検査装置を,内製化しコネクター検査技術として育ててきました。
USBカメラを使って格安に仕上げたものから、8.8メガピクセルの4Kカメラを使い70mmの範囲を1フレームで検査する高級機種まであります。

平面映像の3D変換 doremo3D

この写真を赤-緑または赤-シアンのアナグリフ眼鏡でご覧ください。

menu
menu